作文ワールド


(いろいろな作文)

― その2―
も く じ
    

「その1」がいっぱいになったので、ここに「その2」を設ける。
「その1」はこちら


も く じ
「片づけ」 中1 涼夏さん ギロッ! 中3 花歩さん
「新・寝太郎物語」 中3 沙耶さん 「いちごがり」 小6 蛍さん
「抜歯」 中3 花歩さん 「虫」 中3 沙耶さん
「トランポリン 小6 隼斗くん
10
11 12
13 14
15 16
17 18
19 20

作文ワールドⅠ(原点) 作文ワールドⅡ(1人1人の作文) 
「Ⅲ社会科作文」-その1  -その2  -その3   Ⅳ(理科作文) 私が
 Ⅴ(スポーツ作文)  Ⅵ(七五の四行詩)  Ⅶ(図工作文) Ⅸ(家庭科作文)
Ⅹ(作文のこころ)

「東日本大震災」の作文・第1部  第2部・第3部

作文打出の小づち
総合案内

作文編  国語編  小論文編  閑 話

 小学生の作文教室  「作品展示場」  トップページ 



.「片づけ」(中1 小林 涼夏)

短編小説のような作文を紹介しよう。

添削例・諸注意
 5年生の夏休み前の頃、教室で友だちと話しながら、朝の準備をしていた。その友だちは声が大きく、アクションが大きい女の子だ。その子が机の引き出しを開けた。その瞬間、「ギャー、いやっ、ゴキブリだー」とさけんだ。引き出しからゴキブリが飛んで出てきたのだ。その声の大きさに皆びっくりした。となりのクラスの人までが見に来てしまった。皆、その子の引き出しを見て、おどろいていた。「きたな!」と声をもらしている人もいた。口の悪い人は、「このきたなさは、だれもまねできない」と言っていた。その子は、この事件を機に、引き出しをきれいにするようになった。
 その1か月後には、クラスの中で引き出しが一番きれいになっていた。しかし、引き出しの中に入っていたものは、机の横にかけてある手提げの中につめこまれているだけだった。私はそれを知って、中休みにその子と片づけをすることにした。手提げの中がすっかりきれいになり、その子に「助かった」とお礼を言われた。ところが、1週間後には引き出しの中は元にもどっていた。それからは毎日注意して、今ではきれいにたもっている。
 私も家の机の上がすごくきたない。勉強できないほどだ。しかし、私は友だちの出来事があって、自分もがんばろうと思って、机の上を片づけている。今はすごくきれいだ。これからも片づけをし、気持ちよく勉強できるように心がけたい。


横光利一(川端康成と同時代の作家)に「機械」という短編がある。
この作文はどことなく、それに似ている。

もどる



「ギロッ!」 (中3 宮尾 花歩)

花歩さんは瞳が大きい。

添削例・諸注意
 私は学校へ行く時、電車を利用しています。朝の電車にはたくさんの人が乗っています。汗をかきまくっている男性や、ひたすらスマホを使っている女性がいます。そんな中、私はある少女とのことを今でも覚えています。
 その少女は私より1~2歳年上に見えました。パンを食べながらスマホの画面をじぃ~っと見ていました。それを見ていると、私はその子と目が合い、ギロッとにらまれました。その日、私は機嫌が悪く、にらまれた仕返しに私もにらみました。すると、私はその子からにらまれたので、私もまたにらみました。このアホのようなことは、私が電車を降りるまで続きました。降りる時、私はギロッとにらまれました。とてもむかむかしました。けれど、電車から降りたらにらみ返すことができません。その時、私の頭の中にアイディアが思い浮かびました。私は発車寸前の電車の方向をチラッと見て、窓越しにその少女をにらみ返し、それ以上にらまれないよう、すぐに目をそらしました。電車が遠ざかると、気持ちがとてもすっきりしました。
 今考えると、とてもバカなことをしていたと思います。これからは、にらまれてもスルーすることにしようと思いました。


「目は口ほどにものを言い」という言葉がある。
無言の、すさまじいバトルだったことだろう。

もどる


「新・寝太郎物語」(中3 近藤 沙耶)

添削例・諸注意
 私のクラスには、授業中でも休み時間でもずっと寝ている人がいます。
 始業式の後、3年生になって初めての学年集会がありました。私はふだん学年集会ではほとんど寝ているのですが、学年の始めの集会は大事なものらしく、先生が寝ている人がいないか見張っていたので、この時は起きていようと思いました。退屈なので、周りをきょろきょろ見回していたら、クラスの男の子が寝ていて、先生に注意されていました。説教が終わって、反省していると思いきや、その子はまた寝始めました。それに気づいた先生はまた説教しに行きましたが、説教が終わると、また寝てしまいました。起こして、寝てを数回繰り返して、先生があきらめてしまいました。
 私はそれを見て、とても驚きましたが、その男の子に感心しました。私はその子のように、何度注意されてもめげない精神力をつけたいと思いました。「三年寝太郎」という物語があるそうですが、その子は現代の寝太郎といった感じです。


眠くてしかたがない、ということがある。
その子はそんな状態だったのか、それとも、図太い性格なのか、
たぶん、後者なのだろう。

もどる


「いちごがり」(小6 オコナ- 蛍)

いちごがりは、食べるだけが楽しいのではないようだ。

添削例・諸注意
 2月の中ごろ、父と母と弟、それに友達の幸子さん、デイヴさんと、近所のいちご農園へ行きました。友だちとはいちご農園で待ち合わせました。10時ごろに、2人はもう来ていました。
 その日は、雲一つない快晴で、空気はひんやりしていました。係の人が来て、ビニールハウスへ案内してくれました。係の人は、「最近は天気が良いから、いちごもぎょうさん取れまんで」と言いました。「いちごがぎょうさん」と聞いて、とてもうれしくなりました。
 ビニールハウスの中に入ると、1メートルぐらいの高さの台が10列並び、まだ緑のいちごや、真っ赤ないちごがぶら下がっていました。大きいのや小さいのもありました。私たちはさっそくはさみでいちごを取り始めました。食べてみると、今まで食べた中で一番おいしい気がしました。
 大人たちは、いちごを20個くらい食べていました。弟と私は30個くらい食べました。私は、朝ご飯を食べていなかったら、もっとたくさん食べられたのになあと思いました。
 いちごでおなかがいっぱいになったころ、みんなで写真をとりました。幸子さんがとってくれました。係の人が、頭につけるいちごの形のかぶり物を貸してくれました。父が、真っ赤なかわいいいちごのかぶり物をかぶると、まるで父のために作られたように、頭にぴったりとはまったので、とてもおもしろかったです。
 3日ほどして、幸子さんから写真が送られてきました。写真を見ると、私と弟がいちごのかぶり物をしている横で、父だけがトマトのかぶり物をしていることに気がつき、おかしくて、母もいっしょにみんな笑いだしてしまいました。


愉快なお父さんに、愉快なかぶり物があったというわけだね。

もどる



「抜歯」 (中3 宮尾 花歩)


添削例・諸注意
 3月の初めごろ、私は歯を2本抜いた。左右の耳の後ろの歯だ。私はこれまでの人生で、歯についてはいろいろな経験をしてきた。前歯は3本を除いて、全て兄2人のせいでとれた。けんかをしている時にとれたり、蹴られてとれたりした。小さい頃はお互いに暴力が激しかったため、歯が何本も抜けた。今思うと、乳歯が簡単にとれたので、歯医者に行くよりはよかったのではないかと思っている。
 私は歯医者がとても嫌いだ。待合室に「キーン」というドリルの音が聞こえてくると、自分の歯を想像して、冷や汗が出る。先日行った歯医者でも、その音が待合室に聞こえてきた時は体が固まった。名前を呼ばれ、緊張しながら入って、椅子に座った。先生が入ってきて、今日は何を行うのか説明してくれた。けれど、その時はもうドキドキしていて、話が耳に入らなかった。恐怖心でいっぱいの時、視界に恐ろしいものが見えた。麻酔の注射器だ。それを見た時は、恐怖が極まった。「やめて!」と叫びたい気持ちを抑えて、その注射器を凝視した。先生に、痛いか尋ねてみると、「チクッとするだけで痛くない」と言った。けれど、注射針が歯ぐきにささった時、先生の言葉を信じるべきだはなかったと後悔した。チクッではなく、グサッとした痛みだった。まだ乳歯は本残っているが、もう2度と歯医者で抜いてもらいたくはない。
 祖父の話によると、子どもの頃は山奥の村に住んでいて、近くに歯医者がなかったので、子どもたちは歯がぐらぐらしだすと、歯を釣り糸で結んで、糸の片方を手首に巻いて寝たそうだ。すると、朝になったら歯が抜けていたという。痛くもなんともなかったそうだ。今度はこれを試してみようと思う。




◯ すさまじいねぇ。












← 視界に恐ろしいものが入ってきた。

昔の少年の知恵も借りるとよいだろう。

もどる


「虫」(中3 近藤 沙耶)

添削例・諸注意
 私は山に行かない。虫が多いというイメージが強いからだ。小学生の修学旅行で八ヶ岳へ行った時、ハイキングで山に登った。山に登るのは初めてだったので、友だちとずっと楽しみにしていた。
 八ヶ岳に着いた時、最初に目に入ったのは、何もない、きれいな草むらだった。東京にはない景色にテンションが上がって、私は友だちといきなり草むらへ走り出した。すると、草むらにひそんでいた虫たちがびっくりしたように、ぴょんぴょんと飛び跳ねた。私はびっくりして、バスへダッシュして戻った。その時点で私のテンションは、だ・だ・だっと下がった。そんな私に追い打ちをかけてきたのが、次の日のハイキングだった。歩いて行くと、林の中は地獄のようだった。見たこともない虫が木に止まっていたり、飛んでいたり、いたる所に虫がいた。私はこの虫地獄から抜け出そうと、全速力で宿へ戻った。さすがに宿には虫はいないだろうと思って安心していると、部屋の片すみで、どぎつい赤色の虫がこっちを見ていた。私はぞっとした。同時に、この虫地獄から抜け出すことは不可能だと観念した。

 それ以来、私は虫が嫌いになった。しかし、山には行きたいという気持ちはある。頂上からの雄大な景色の写真を見たからだ。そこで、どうしたら虫から逃れられるか、悩んでいると、私はインターネットで素晴らしいものを見つけた。それは、虫を通さないネット状の全身ウェアだ。詳しく調べてみると、それは夏でも使える通気性のよいもので、顔の部分もメッシュになっているので、視界も悪くないようだ。私は「これだ!」と思った。これなら、虫を気にせず山を堪能できるだろう。
 私は虫なんかに負けず、好きなことがしたい。今度はこの全身スーツを購入して山に行き、山の魅力を探したい。










←※ この虫たちはバッタだったのだろうけどね。









←※ これは危険なクモだったかもしれない。

夏休みがチャンスだろうな。

もどる


「トランポリン」(小6 橋本 隼斗)

添削例・諸注意
 クリスマスプレゼントに、ぼくたち兄弟はトランポリンをもらった。このトランポリンは円くて、直径が1メートルぐらいで、周りが緑、中が黒だ。
 このトランポリンは居間に置いた。ぼくはそのそばを通るとき、3回ほど跳んでいく。ひまなときも跳ぶ。考えるときも、だれかを待つときも跳ぶ。跳びながら待つ。上の弟は、ステージの代わりにして、歌いながら跳んでいる。下の弟は、跳ぶほかに、いすにしたり、ベッドにしたりしている。お母さんも跳ぶ。部屋に入ってくると、必ず跳びのって、2,3回跳んで通る。
 トランポリンは家の中の運動にもなるので、最高のプレゼントだ。サンタさんはいいものをくれたものだ。


ああ、楽しい! 楽しい家庭の様子が目に浮かぶ。置き場所がいいのだね.。

もどる


8.「 」

準備中


こちらへ

しばらくお待ちください。

ご意見・ご希望・ご質問はこちら

添削例・諸注意



もどる