若葉

公務員試験小論文

地方上級・国家U種  
○ 受講案内

○ 書き方のポイント

○ 奮闘記・朗報
当道場主著
四六判
246ページ
945円
一ツ橋書店刊

 「公務員試験の小論文」(作品展示場)   「答案百花」

  講座案内の扉へ    トップページへ

作文打出の小づち
総もくじ
作文編  国語編  小論文編  閑 話

○ 受講案内 

傾向と対策


参考テキスト
国家U種、地方上級とも、こちらへ。

構成法については下記「必勝のパターン」を参照。 


当道場主著『論作文の奥義』(一ツ橋書店刊)

※ 概要は、こちらで。
コースと回数
 「必修コース」(4回)、「標準コース」(8回)、
 「習熟コース」(12回)

◎ 目標に合わせて個別にプログラムを組みます。
※ 1回の「お試しコース」もあります。
答案の送受  答案はEメールの添付ファイル、ファクス、または、郵便によって送受します。
 道場主が直接添削指導します。

○ リアルタイムのリアル添削

 答案は到着後3日以内に添削し、講評を付けて返送します。
 Eメールの添付ファイルでは「赤」の入った添削答案が鮮明なコピーで届きます。
受講料 ※ 添削指導料:こちらへ。
お申し込み 下記のフォーム「申込書」をご利用ください。
 ご希望を確認の上、課題と答案用紙、振替用紙を
お送りします。
 電話や郵便でもお受けします。
通学案内 「月1回のスクーリングと添付メールによる通信添削」
              こちら
お問い合わせ 電  話 (042)325−0678
 (IP)  050−3030−6508
ファクス (042)325−0987
Eメール  sakubun@dohjoh.com


公務員試験の小論文・作文 添削指導料

道場主が直接添削指導します。





作 文 小論文
課題作文
600字未満
課題作文
600字以上
課題について
の論述
文章・資料の
読解と論述
必修コース (4回) 16,000円 18,000円 20,000円 30,000円
標準コース (8回) 30,000円 35,000円 36,000円 54,000円
発展コース(12回) 45,000円 52,000円 54,000円 81,000円
お試しコース(1回) 5,000円 6,000円 6,000円 9,000円

※ 添削指導料には、書き直しがある場合の再添削料を含みます。
(書き直しがあっても、料金の追加はありません)。

申込書

郵便番号
おところ
お名前  男  女
学部    学科
電話番号   ファクス
Eメール
希望職種
受講回数
メッセージがあればお書きください。(400字内)

※ 送信が不調の場合はEメールをご利用ください。
電話やファクスでもお受けします。こちらの「お問い合わせ」へ。

もどる


対 策

○ 書き方のポイント

『必勝のパターン』   

◎ 出題の傾向

○ 国家U種  
資料の読み取りと論述(平成四年以来変わらず)
○ 地方上級 地域振興 … ふるさとづくり、まちづくり等
社会問題 … 福祉、雇用・労働、産業・経済等
自治体行政 … 地方分権、自治体像等
時事問題 … 最近の世相、現代の若者像等

◎ 構成の基本

小論文は三段構成とする。

序 論 → 本 論 → 結 論
(序)     (破)     (急)


       これは「新三段論法」ともいうべきもので、
最も書きやすく、また、アピール効果も高い方法です。

◎ 構成例

出題の種類 序 論 本 論 結 論
統計資料 資料から読み取れること 問題点の検討・考察 提案・提言
地域振興 地域の現状 問題点の検討・考察 提案・提言
社会問題 社会情勢と問題点 問題点の批判・検討 判断・見解
自治体行政 行政上の問題点 問題点の検討・考察 提案・提言
時事問題 事件や状況の概要 問題点の批判・検討 判断・見解

「大学入試の小論文」・作品展示場
「公務員試験の小論文」・作品展示場
「答案百花」公務員試験・福祉職

もどる


○ 朗 報

   『道場日記抄』より

Jul. 17.
 今朝、受講について急ぎの電話があり、午後、A.嬢が訪ねてきた。
横浜市の一次試験をパスし、次の日曜・22日に論文試験があるのだという。
同じく一次をパスしているK嬢の紹介だった。
 このところは国家2種試験よりも、地方上級試験の答案を見るほうが多い。
中でも、横浜市の人気が高い。
 これには納得できるものがある。出題がユニークである。
例えば、「地方の反乱」とか、「『ら』抜き言葉について」とかいうのがある。
これらは道場でもよく取り上げ、例文は著書やホームページにも入れてある。
 そうかと思えば、「すれちがい」などというのも出されたようだ。
柔軟性のある担当者が柔軟性のある人を求めているのだろう。
 それ故に、型どおりの答案では駄目であることは言うまでもない。
発想なり、アイディアがなくてはならぬ。

 ところで、A嬢によれば、その前に面接があるという。
それが明後日だということで、「面接カード」なるものをもっている。
企業のエントリーシートのようなものだ。
そのカードをその場で出して、それから面接の応答が始まるようだ。
 書き込んであるのを見ると、要領を得ない。
項目のメモにも焦点が無い。これでは対話が始まらない。
これを仕上げないことには、論文試験どころではない。
このほうが日程の上でも先だ。翌日に持ち越す。
 K嬢のほうはどうなのだろうか。
念のため、ファクスで送ってもらうと、書けていない。
 明日は二人の「面接カード」づくりに追われることだろう。

Jul. 19.
 夜、A嬢から電話が入る。面接ではスムーズに答えられたという。
K嬢のほうは、予想外の質問に戸惑ったようだ。
 いずれにしても、あと3日、炎暑の中で熱い闘いは続く。

Jul.22
 夜半に、A嬢からファクスが入る。力を出し切れたようだ。
発表は8月末だという。

Sep. 7
 朗報が相次ぐ。
 一昨日、A嬢より、横浜市の福祉職に合格したとのファクスが入った。
 同じところを受けたK嬢はどうなっただろうかと思っていたところ、
昨日、厚生労働省に合格したとの電話があった。
 そして、今日はR嬢(「交歓1」に登場の京都のHohohdohさん)から
愛知県警に合格したとのファクスが入った。
 
 A嬢からのファクスは次のようなものだった。

Aさんからの手紙

 A嬢に最も注意したのは、「理屈をこねまわさないように」ということであった。
「あなたの考えを述べなさい」とあるからといって、考えだけを書いていては理屈に陥って、
論理が怪しくなるのみならず、説得力のないものになってしまう。
説得力をもたせるには考えに裏づけがなければならない。
そこで、練習を重ねたのは「根拠のある意見」の組み立てであった。
これはK嬢の場合も同じである。
 幸いK嬢も、こちらは厚生労働省に合格したのだが、
実は、『論作文の奥義・必勝のパターン』が生み出された背景には、
国家U種の全国模試の記述問題(小論文)の携わったという経緯がある。
この種の試験の答案には論理の通ったものはほとんどない。
合格答案といえるものは2〜3%しかなく、Aランクの答案となると1%あるかどうかである。
ほとんどが理屈に陥ってしまったり、用語の定義をしようとして行き詰まったりしている。
 体験を踏まえて書けばよいのだ。
その奥義が通じて、A嬢もK嬢も持ち味が出せたのは何よりであった。

 この二人の練習答案は「答案百花」に掲載してあります。


もどる

コブシ(一輪)